予防歯科

予防歯科

 

欧米では「悪くなったら歯医者に通う」のではなく「悪くならないよう歯医者に通う」のが習慣になっています。予防歯科先進国のスウェーデンでは90%以上の人が歯のメインテナンスのために定期的なクリーニングを受けております。日本では残念ながらまだまだ普及しておりません。下のグラフからもわかるように、70歳になったときに残っている歯の本数は、定期的な検診を受けているか、いないかによって、大きく影響していることがわかります。

各国の定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合

グラフ - コピー (2)

先進国の「70歳」残存歯数

グラフ - コピー

受診ケース別による残存歯数

03_

歯の治療は削る、つめる、かぶせる、抜く…..。など治療をしても、『元の状態』に戻ることは決してなく、人工的に極力、『元の状態』に復元することしかできません。早期に発見し対応することでそこまでの治療の介入をすることなく、未然に防ぐことが可能となります。

そのためには定期検診が効果的です。小さなお子さんであれば虫歯が1本もない環境を作ることができますし、成人であれば虫歯の再発予防、口臭予防にもつながります。 みどりが丘歯科クリニックでは地域の皆様に生涯自分の歯で食事をしていただくために、『悪くならないよう歯医者に通う』を浸透させていきたいと思います。