学会発表2018③ アメリカ歯周病学会

秋の訪れを感じる肌寒い時期となりました。これからますます寒くなりそうです。

さて10月の下旬にアメリカ歯周病学会に参加してきました。

IMG_3483

この学会には定期的に参加しておりますが、今回はアメリカ、カナダ、日本の学会の共催で行われたため、会場もカナダのバンクーバーで開催されました。10月下旬のカナダは日本よりもかなり寒く感じられましたが、バンクーバーの街並みはとても美しく、落葉がより趣のある雰囲気を演出しておりました。
IMG_3472IMG_3455IMG_3448
学会では歯周病で歯を失った後に行う処置に対する内容が多く、いかにして良い条件でインプラント治療を行うか?という点にフォーカスされている印象をうけました。
新たな知識を得れたこともありますが、個人的には、歯周病の学会だからこそ、いかにして歯を守っていくべきか?というトピックがもっとあるべきではないかと感じたのが率直な感想であります。
その国々の社会的な背景や、制度の違いなども影響しているとは思いますが、若干の物足りなさを感じざるを得ませんでした。
IMG_3544IMG_3497
またポスター発表も行いました。短い時間でも、英語で伝えるということは私にとっては非常に労力を要し、思った以上に緊張するものではありましたが、とても良い経験になりました。この学会の時しかお会い出来ない先生方にも再会でき、充実した学会参加となりました。
45023222_342887036271652_8649555489757069312_nIMG_3582z45098228_10213609246124964_4074942301883858944_n45039259_184586272449638_653081800632958976_nIMG_358144944502_2150433735195284_7203825727911755776_n