肉食動物の歯

肉食動物の歯でまず特徴的なのは、鋭く尖った犬歯です。

この鋭い牙で、獲物の急所を的確に捕らえ、仕留めた後に噛みちぎる役割が備わっています。

また敵を威嚇する際や己の強さを誇示する為にも用いられるため、特に雄の犬歯の方が長い傾向に有ります。

そしてこの牙が長く発達している雄ほど優位に立ち、雌との交配の機会も得やすいと言われています。

スクリーンショット 2014-07-10 16.52.35

                         <evolution  骨から見る動物の進化より>

次に特徴的なのは臼歯(奥歯)です。

我々は奥歯を使って食べ物を粉砕し飲み込みやすくしていますが、彼ら肉食動物は骨や肉を砕き、丸呑みするため、

奥歯も牙のように尖っています。

我々の奥歯のように『磨り潰す』という機能がないのが特徴です。

 

12

  <evolution  骨から見る動物の進化より>