長期経過から見えてきたもの・・・・

先日5月29日(日)私が所属する歯周病の学会において、昨年から企画していた講演会が催されました。

 

この日は歯周病治療のプロフェッショナルが、患者さんとの長期の関わりの中で、ご自身の経験と考えをお話しして頂きました。

自分の臨床に通づるものもあり、日頃みどりが丘歯科クリニックに通院して頂いている患者さんを思い浮かべながら、拝聴させて頂き、大変勉強になりました。

どのような歯科治療も永続性が求められます。特に歯周病に関してはその疾患の特性から再発のリスクも高く、処置後も油断が許しません。

患者さんは日頃の歯磨きを頑張って頂き、我々は責任を持って定期的なお口の中のケアをさせて頂きます。これは生涯続けさせて頂く思いで診療にあたっております。

治療の終了がゴールではなく、環境が整ったお口の健康を維持して行く為にも、そこからがあらたなスタートなのです。

そのために必要なこと、大切なことを再確認できた一日でした。

image2

講演会後の懇親会では、演者の千葉史英先生と直接お話をさせて頂くこともできました。私の質問に対しても優しく、丁寧にお答えして頂き、先生のお人柄にほれぼれしてしまいました。恐れ多くも、千葉先生が執筆された論文を頂戴し、サインまでして頂きました。千葉先生、本当にありがとうございました。